読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある禅僧のお遍路記録。

転職したベンチャー企業が倒産。これを機にお遍路へと向かうお寺の息子の記録。

4月13日。出発の日。 

さあ、時が来た。

 

今日から四国八十八箇所巡礼に出発する。

 

前回の記事に書いた通り、まずは船旅だ。

そこで翌日の経路の確認をする。

 

いくら計画を練っても、歩きでどれぐらい進めるかは未知数。

どれだけ各札所で時間を要するか、この時期はわからない。

 

すべては天のみぞ知る。

 

ふと、壁にかけてある日めくりカレンダーに目をやる。

 

 

 

http://imgc.appbank.net/c/wp-content/uploads/2009/10/damono13.jpg

出典:相田みつを美術館

 

「自分が自分にならないでだれが自分になる」 

 

会社の今後が危うくなったとき、

お客様からいただいた相田みつを美術館のチケット。

 

そこに書かれている数多くの言葉に足を止めた。

 

そのとき買ったこのカレンダー。

 

まさに今日というこの日にはぴったりの言葉であろう。

 

まだ「自分」は「自分」になれていない。

自分は寺の息子だ、とわかってはいる。

でも、どうだろう。

本当にわかっているのだろうか。

 

 

道中なにを感じ、なにを考えているのだろうか。

 

さあ、自分が自分になるために

1,200kmの旅に出よう。

 

 

f:id:ohenro-bose:20160413151734j:plain

 

 

坊さんだって悩む。

だって人間だもの。